• 株式会社コンカン

【代表の人物像&体験談!】「一流たちの『目力』と『表情』の使い方とは?」~CAが見た世界的メーカー社長の鋭い目つきが変わる一瞬が意味するもの!~

今日は、concan代表が思う「自戒の念を込めて、人の"表情"」について調べてみます。

長引く『コロナ禍』で、マスクが手離せない日常となり、欧米人に比べると日本人は マスクを着用することにあまり抵抗感を感じることがない国民性です。街に出る時も ほぼ全員がマスクを着用して生活しています。ただ マスクを着用していると、分かりづらいのが"表情"です。

今日は、CAが語る「エグゼクティブな"表情"」について紹介します。

*CCI代表取締役・元国際線チーフパーサー 山本 洋子氏のインタビュー記事より。




世界的メーカー社長の"表情"「あの人、何か感じが悪い!」「怖そうだから、近づかないようにしよう!」本人は、まったくそんなつもりはないのに、第一印象で「感じが悪い」とか、「不機嫌そう」と思われてしまう人がいます。

彼女は、研修講師という職業柄、無意識のうちに人の"表情"を観察する"癖"があるのですが、自分の感情をあまり顔に出さない『ポーカーフェイス』の人でも、喜怒哀楽の感情は少なからず"表情"に表れ、知らず知らずのうちに 相手に印象付けしてしまうことがあるそうです。世界的に有名な日本の電気機器メーカーの社長が、ファーストクラスに乗った時のこと。

サービスに対して とても厳しい目を持っている方で、CAの応対や接客態度についても 度々 指摘されたそうです。何か用向きがあるとき、乗務員の呼び出しボタンを押して、CAが直ぐに伺わないと"不快感"をあらわにするような厳格な客だったそうです。見た目も眼光鋭く、とても威圧的、見るからに怖そうで 近寄りがたい雰囲気が全身に漂っていたそうです。

チーフパーサーは、客が搭乗すると 一人ひとりの座席に向かい、搭乗の御礼の挨拶をしますが、その際も決して"表情"が緩むことはなく、射るような目つきで、彼女の目を見て、無愛想な返答していました。彼女も「これは到着まで、気が抜けないな~」と"ピリピリ"した緊張感のなかフライトが始まったそうです。

険しい"表情"の社長でも、周囲が嫌な気持ちにならなかった理由があるそうです。粗相のないように細心の注意を払っていたようですが、サービス中も厳しい視線が突き刺さります。少しでもバタバタしたり、大きな音を立ててしまうと、"言葉"にはしないまでも、「何をやっているんだ!」と暗に叱りを受けているかのような厳しい視線が飛んでいました。

そんな厳しい目を持っている社長に、険しい"表情"が緩む瞬間がありました。それが、「何かをして差し上げた後に返ってくる目配り」です。希望の新聞を持っていったとき、射るような目つきが一瞬 緩み、少しほほ笑んで、彼女の目を見て、「ありがとう」と言われたそうです。食事を持っていった後の「ありがとう」も、化粧室を案内した時の「ありがとう」も、預かっていた上着を返却した時の「ありがとう」も同様で、ほんの一瞬ですが、かすかに笑みを浮かべ優しい"表情"で目を合わせたのです。

これは、驚くようなことではないのかも知れませんが、そもそも「ありがとう」を口に出して、ほほ笑みを返す方は少ないのだそうです。更に、日本人男性は シャイな人が多く、感情を表に出さない人が多いのです。相手を尊重し、思いやりの気持ちがあるにも関わらず、顔は無表情で、それが あたかも"美徳"のように思う年代の男性も少なからずいます。

せっかく心の中では「ありがとう」という感謝の気持ちを持っていても、はっきりと口に出さず、相手の目も見ず、口ごもっていては、思いは相手には伝わりません。

「言わなくても分かるだろう」は、通用しない時代です。思いを全て"言葉"にするのは、時に やぼですが、「ありがとう」の感謝の気持ちは、きちんと"言葉"にして相手に伝えないと無礼な印象を与えかねません。それは、特別 何かをして貰った時ではなく、普段のちょっとした「ありがとう」の気持ちを伝える時こそ、ほほ笑みと"言葉"がけをすることで、その人の人柄が印象づけられるのです。この社長も普段は、険しい"表情"で近寄りがたい雰囲気ですが、ちょっとした「ありがとう」のシーンでは、"表情"を和らげ、感謝の気持ちを"目線合わせ"と"言葉"で表されることで、「ありがとう」の気持ちが伝わってきたそうです。

また、威圧的で怖い印象だった顔とのギャップが大きいほど、人は魅了されるものです。決して笑顔とはいえない かすかなほほ笑みだったそうですが、鋭い視線が ほんの少し和らぐだけで、彼女たちの気持ちが穏やかになります。フライト中のちょっとしたやり取り中に、ほんの少し ほほ笑まれただけで、終始険しい"表情"を崩さず、降機されるまで上手に関係性を築くことが出来なかった社長でも、不思議と嫌な気持ちにはならなかったことを覚えているそうです。

普段から にこやかな"表情"でいるに越したことはありませんが、笑顔は周りの人の気持ちを晴れやかにし、その場の雰囲気も明るくすることが出来るパワーがあります。かといって、接客業でもない限り、普段から 一人でニコニコしているのもおかしなものです。ただ、いつもは多少険しい"表情"であっても、人と接するとき、特に相手に何かをして貰ったり、「ありがとう」の意を伝えたりする時には、きちんと 相手の目を見て、ほほ笑むだけで相手に感謝の意は確実に伝わります。仏頂面で「ありがとう」といっても、逆効果だということをエグゼクティブはきちんと心得ているのです。

ファーストクラスに乗る人が、全て紳士的で感じのいい人ばかりではありません。終始 仏頂面で、気安く話し掛けられることを嫌う人もいます。エグゼクティブは、どちらかというと こわもてで、少し近寄りがたい人の方が多いそうです。常にビジネスの最前線で闘い、緊張感をもって毎日を過ごしているので、それが顔に出るのは当然で、目つきも険しくなるものです。だからこそ、何かの拍子に垣間見える穏やかな"表情"に、余裕と にじみ出る『人間性』、そして 相手を思いやる気持ちを感じ取ることが出来るのです。

CAが入社して、まず たたき込まれるのが「笑顔」です。常に 柔和な"表情"であること、そして 機内でサービスする時は、飛び切りの笑顔で客に接することを"体に"染み付くまで たたき込まれるそうです。どんな業界であれ、接客業は まず「笑顔」であることが最低条件です。如何に教育され、"頭"では理解していても、実際は自分では最高の笑顔でいるつもりが、本人が思っているほど笑顔に見えなかったり、口角が下がり不機嫌そうに見えてしまったりすることがあります。自分だけが見えない自分の"表情"ゆえに、プロレベルの「笑顔」の"表情"をつくるには、相当の訓練が必要なのです。そして、笑顔だけでなく、その場の状況に応じた"表情"の作り方を訓練します。不満のある客に笑顔で対応するのは不適切です。深刻な話をしている時に笑顔でいることも不謹慎なのです。

接客業や人に見られる職業に就く人は、日ごろから"表情"を意識するものですが、普段の生活に於いて、自分の"表情"はあまり意識することはありません。自分では気づかないけれど、"表情"は相手に強烈なインパクトを与えています。

普段の何げない"表情"には、その人の本心が見え隠れしています。隠しているつもりでも自然と表れ、相手にはダイレクトに伝わっています。どういう状況であれ、そこに 相手に寄り添う思いやりの気持ちがないと、相手には心地よく映らないのです。一見 感じの悪い眼光鋭いこわもてのビジネスパーソンであっても、きちんと相手の目を見て、「ありがとう」と一瞬 ほほ笑みを返すだけで、相手は安心し、何故か ちょっと嬉しい気持ちになるものです。目つきの悪い ただの感じの悪い人か そうでないかは、ほんの 一瞬 あらわれる目の優しさで決まるのかも知れません。

ーーー

◎と言うことで…

「一流たちの『目力』と『表情』の使い方とは?」と題して書いてきましたが、最後に 目力が強い人の特徴について紹介します。

「目力」が強い人は、引き込まれるような"魅力"を持っていて、初対面でもパッと印象に残り易いと言われます。

「目は口程に物を言う」と言うように、「目力」ひとつで人からの受け取られ方が変わります。ここでは、「目力」が強い人の"特徴"について紹介します。

「目力」とは、「目の"表情"や"視線"が他人に与える印象」のことです。単に目で物を見る力である「視力」とは違い、その人の『気持ち』や『思い』を感じさせる、目の"表情"を意味します。

「目力」は、「目ヂカラ」と表記されることもあり、「眼力」も「目力」と似た意味がありますが、"洞察力”、"観察力”といったニュアンスの方が強いのです。「目力」がある人のモテ要素は、いくつか挙げられます。まず、「印象に残り易いこと」です。「目力」の強さによって人の印象に残り易いため、出会いの場には最適です。また、「色気がある」ため、異性の好意を引き寄せられます。「目力」が強い人は、こうした魅力を秘めていることから、モテるのです。



【『目力』が強い男性の特徴!】

芸能界で活躍する男性芸能人の中には、「阿部 寛氏」や「北村 一輝氏」など、目が印象的な人も少なくありません。彼らを思い浮かベれば、その"魅力"がイメージし易いと思います。

◆1:「ほりの深い、濃いめの顔立ちをしている」

彫りが深い顔立ちで、濃いめの印象があると「目力」が強調されます。外国人に対して、日本人の目は、小さいという印象があります。そのため、ハーフの芸能人や有名人は、特に個性的で はっきりした顔立ちに見えます。

◆2:「目の下に涙袋があったり、まつ毛が長かったりする」

目の印象を強調するのは、ほりの深さだけではありません。目の下のふっくらとした「涙袋」に、「まつ毛」も印象を強くします。男性は、目の幅が女性よりも少し広めなため、ふっくらとした涙袋とまつ毛は、顔の"表情"を優しい印象に変えてくれます。

◆3:「威圧感がある」

「目力」の強い男性の"特徴"は威圧感があることです。時には「目力」が強いせいで、意図せず相手に"圧"を与えていることも…。しかし、威圧感のある人には、頼りになる印象があることも確かです。

閲覧数:31回