事業戦略

business strategy

concanが考える事業戦略とは?

まず、「企業 及び 事業を起こす時の必要事項」について説明します。

C.I.開発の前に、企業 及び 事業を起こす時に 「やらなければならないこと」は、事業全体の「戦略構築」です。

【企業 及び 事業を起こす時の必要事項】

■1.ビジネスモデル+マーケティング

■2.事業戦略+企業戦略

■3.C.I.の整備

そして、中長期的なブランド戦略を立案して...

■4.ブランディング

上記について、詳しく説明していきます。
以下は、起業する時 「経営コンサルタント」や「銀行」・「投資家」から聞かれる項目です。

1.「何をやるのか?」

2.「何故 やるのか?」

3.「何故 今なのか?」

4.「何故 あなたなのか?」

1.「何をやるのか?」

■1.「ビジネスモデル+マーケティング」を固める!

※「どこの?(商圏) 誰に?(ターゲット) 何を?(商品)」+ 「どう売るのか?(マーケティング)」

「〇〇と言えば、××である」

※ブランドとは?
 「その企業や商品が持つ価値がである」
​※もっと簡単に表現すると、

■2.「ブランディング」施策を考える!

2.「何故 やるのか?」

■1.事業をやる意義や想いです。これが企業活動の戦略である「C.I.開発」です。

3.「何故 今なのか?」

■1.これは、時代背景などから「世の中」が必要としているのかの判断材料です。

4.「何故 あなたなのか?」

■1.事業の責任者の実績や考え方・人間性が問われる問いです。

※この1〜4と、5.財務計画をまとめると

​「事業計画書」ができ、これを銀行などに提出し融資金額が確定します。

​【企業活動の方程式】

​「ビジネスモデル+マーケティング」→「C.I.開発」→「ブランディング」

​【企業活動の成功方程式】

「1.やりたいこと」「2.やるべきこと」「3.やれること」

​の順で考えると長続きする。

事業戦略概念図

■1.「何をやるのか?」 ■2.「何故 やるのか?」 ■3.「何故 今なのか?」 ■4.「何故 あなたなのか?」

<事業スタート時に"最も"必要なこと>

STEP2

C.I.開発

C.I.開発

※C.I.=Corporate Identity
​(コーポレートアイデンティティ)

C.I.メソッド

企業の「根幹」

となる戦略を固める

<事業スタート時に必要なこと>

STEP1

ビジネスモデル

マーケティング

誰に? 

どう売るのか?

 ビジネスモデル 

どこの? 

事業の「根幹」

となる戦略を固める

何を? 

マーケティング

STEP3

ブランディング

ブランディング

ブランドとは?
「その企業​や製品がもつ価値である」

もっと簡単に表現すると

※例えば、「ハンバーガーと言えば、マクドナルドである」しかし、「一番美味しいハンバーガーと言えばマクドナルドでない」。

ブランディングの前に

​「ビジネスモデル」を固める事が重要

「○○と言えば、××である」

C.I.開発

corporate identity development

【concanが考えるC.I.とは?】

中小企業の「課題」を解決する為には、モノ事の枝葉ではなく、

現状を創っている「根幹」にあります。

それを正確に言語化する事が「C.I.開発」=「C.I.メソッド」です。

「C.I.」とは、「企業のあるべき姿」と「進むべき道」を言語化し、

社内外での「共通認識」として「意識統一」を図る為の"言語化ツール"として捉えています。

一般生活者から"共感"を得るものでなければなりません。

この言語化した「C.I.」があると、

いつでも立ち返り(原点回帰)、進むべき方向を確かめる事ができます。

またこのC.I.が無い中で、「社内研修」や「社内評価制度」、「企業広告」や「採用戦略」を

​行ったとしても"場当たり的"で、チグハグになってしまい、会社は上手く回らないと思います。

逆に、C.I.がある事で、社内外の様々な施策が、噛み合い「好循環」サイクルが生まれます。

最終的には、時間は掛かったとしても、「社内の意識統一」が図れ、

​「企業ブランド」が強化される事で、売上も伸び、企業成長が図れると思います。

具体的な

事業メニュー

​はこちら

お問い合わせ

contact

担当/渡邉

ご質問やご依頼はお気軽にご連絡ください。

Copyright © concan all rights reserved.