• 株式会社コンカン

若手社員の成長記!】「第26回:自分の"スタンス"を明確にする!」

最終更新: 2日前

日は、私自身が この一年間で最も痛感したことについて書きます。 ~副題:どんな時も、自分なりの考えを持つこと~




結論から言うと、それは 自分の「スタンス」を明確にするということです。こうやって書いてみると、当たり前の事と感じますが、意外に 実践できている人は少ないと思います。

今迄の私を振り返ると、とにかく 周りの人にの意見に合わせてきた「人生」でした。それが故に、人生の後悔が多いのも事実です。特に 前職時の私は、人に合わせる事に常に"一生懸命"になっていました。今 思い返すと、情けないのですが。。。

しかし、自分のスタンスが 明確になると、自分の意見を言えるのは、勿論のこと、自分がやること 学ぶべき事が明確になり、自分以外の環境や他人に振り回され難くなると思います。このことを、私自身も少しずつ体感できるようになってきました。所謂 全て自責に捉えられるようになるということです。


●では…

【スタンスとは?】

〇辞書的には…

「(社会問題などに対する)姿勢・態度」です。

*もっと、分かり易くいうと…

「自分自身の考え」のことです。



【スタンスを持つことのメリット!】

◆1.「挑戦しなかった後悔が減る!」

*スタンスを持つと、何かに挑戦しなかった「後悔」を減らすことができます。そもそも、後悔というのは、あの時 挑戦をしていれば、今頃 どこまでいけていたんだろうと思う時に生まれるものです。しかし、「スタンス」が明確だと挑戦をする意味があると思えることを目の前にした時に、あなたの決断の後押しをしてくれます。


◆2.「自分の望む人間関係を築けるようになる!」

*スタンスが明確だと、自ずと自分自身が望む人間関係を築けるようになります。自分自身のスタンスを主張することは、必ずしも万人に受け入れられるものではありません。時には、周囲と相容れない環境に苦しむ瞬間が訪れることもあります。それでも、スタンスを貫き通す意志のある人の周りには、自然と人が集まるものです。結局は、なんとなく周りに合わせて生きたところで、集まってくる友人は言葉だけの友に過ぎません。


◆3.「成果をあげることができる!」

*スタンスを貫くことは、何かしらの成果をあげることに繋がります。スタンスを持って行うことに対しては、誰に言われずとも 自発的に行動を起こし易く、さらに、それを長続きさせる事ができます。また、スタンスを強く持っている事は、辞めたいと思うことがあった時にも、自分の立ち返る場所をしっかりと持っているということです。


ーーー

●次に…

逆の視点で「スタンスがない人の特徴」を見てみます。以下のことが当てはまっていれば、一度 自分自身の見つめ直しが必要かもしれません。


【スタンスがない人の特徴!】

◆特徴1.「八方美人」

*一貫性のない人は、八方美人である確率が高いです。「誰にでも好かれる存在でいたい」という気持ちがあるからこそ、状況や相手に合わせて言っていることが、「二転三転」してしまうのです。


◆特徴2.「流され易い」

*スタンスがない人は、とにかく 人に流され易いです。自分自身では「Aが良いと思う」と思っていても、周りに「Bがいい」と言っている人がいれば、やっぱり「Bがいいも 良いかも」と簡単に思い始めてしまいます。 スタンスのない人は、川の流れにのって流れるかのように、一瞬で人の意見に流されてしまうのです。


◆特徴3.「感情の起伏が激しい」

*スタンスがない人は、ついさっきまで 笑っていたかと思えば急に不機嫌になったり、また その逆も然りです。大人になってもコロコロと機嫌が変わる人は、ビジネスパーソンとしては、失格です。スタンスがないと、その場の感情に任せて結論を出したりするので、どうしても一貫性がなくなってしまうのです。


◆特徴4.「三日坊主」

*スタンスがない人は、基本的に「三日坊主」です。 例えば、「〇〇〇の資格をとるために、毎日勉強をしよう!」と決めたところで、直ぐに"コロっ"と気持ちが変わってしまうので、長く続いても せいぜい3日ほどです。つまり、スタンスが存在しない人に 一貫した行動をとる事ができません。


ーーーー

◎ということで…

「スタンス」について書いてみましたが、一番の「問題」は、「『スタンス』を決めないことで、良し悪しの判断ができず、結局 何も残らないこと」だと思います。つまり、何かを「決断」することが、最も大切だと思います。勿論 決断をしなければ、チャレンジする回数も減るので、失敗の数は減ります。しかし その分、人生への後悔は増える事となります。

だから、まず 1つ自分の「スタンス」を決めることだと感じています。そして もし、その「スタンス」が間違っていると感じたら、その時に 修正する”勇気”をもてるかどうかだと思います。自分のスタンスさえ はっきりと決めると、どんなことにも 迷わず、気軽に、スピーディーに、ある意味 適当に行動できるはずです。


【私が考える「スタンス」の決め方!】

◆1.「自分の価値観を見つめる!」

*自分が絶対に曲げたくない価値観はどんなものかを考える。

◆2.「多くの人と会う!」

*とにかく 様々な人の生き方・考え方を参考にする。

◆3.「幅広い知識を得る!」

*興味のある分野だけではなく、それ 以外の分野も知ることで深みが出る。

◆4.「心の中を整理し、言語化する!」

*曖昧なものを明確化する。文書化し、頭を整理する。


●最後に、「自分のスタンスを持つ」ということは…

より大きなチャンスに巡り合え、より自分の強味を活かせ、より早く望む結果にたどり着き、何より「人生」を後悔しないための一番 良い方法だと思います。

42回の閲覧

お問い合わせ

contact

担当/渡邉

ご質問やご依頼はお気軽にご連絡ください。

Copyright © concan all rights reserved.