• 株式会社コンカン

【若手社員の成長記!】「第14回:"集中力"の高め方!」~集中力は、今の時代に必須な能力!~

みなさん、「今日は、何だか仕事に集中できない…」という日はありませんか?

実は私も、集中できる日と、そうでない日の差が激しく、特に雨など 湿度の高い日は、中々 物事に集中できません。また、リモートワークが当たり前になって、安易に隣の人に質問ができなくなった今、より"集中力"の必要性が求められていると思います。 そこで 今回は仕事に於いて、最も重要な能力である「集中力」について書きます。 ーーー そもそも… 【集中力とは?】 「ある事柄に注意を集めて取り組む能力」のことです。 「集中力」があると、良い結果に繋がり易いのは勿論のこと、他にもメリットとして、以下のようなことが挙げられます。 ■1.「要領よく、効率的に動ける!」 *単純に、どこにどのくらいの時間を割けば良いのか瞬時に判断できます。 ■2.「潜在能力が高まる!」 *人間の意識の9割を「潜在意識」がコントロールしていて、潜在意識をコントロールすることで、本当にやりたいことがスムーズにできることに繋がります。 ■3.「計画性が身に付く!」 *集中力があると、自然とゴールを明確にすることで、今やるべきことを逆算して計画することに繋がります。 ■4.「自分に自信が付く!」 *結果どうこうより、今日 頑張った自分に満足感を覚え、それが自分の自信へと繋がります。 ーーー 因みに、大前提として… 人間の平均的な集中力の持続時間は、「約50分」と言われています。その内、最も集中できるのは「15分程度」で、15分単位で集中力が切れそうになったり繋がったりを繰り返しているそうです。これは、いつ外敵に襲われるか分からない環境の中で、人間の「脳」は進化を遂げていて、周りの変化に気を取られてしまうのは、新しい"刺激"に脳が勝手に反応してしまう本能的な行動と、言われています。 つまり… ●「高い成果を出し続ける為には、集中し続けるのではなく、必要なときに最大限の集中力を発揮すること」が必要になります。 ーーー それでは… 【集中力を高める"3つ"の方法】 ■1.「集中する時間を明確に決めて、休憩や休息を取る!」 *例えば、90分持続して仕事をするよりも、休憩を取りながら50分仕事をしたほうが集中力は高くなります。この"余裕感"が、大事な場面で一気に集中できる秘訣となります。 ■2.「集中力を発揮する時はシングルタスク!」 *多くの業務を一度にこなすマルチタスクは、気持ちや注意が分散してしまう為、集中力を発揮できなくなってしまいます。また、どうしても多方面からの「視覚」や「聴覚」を刺激されてしまい、集中力が途切れる原因になります。 ■3.「座りっぱなしではなく、適度に体を動かす」!」 *長時間座ったままで 仕事を続けていると、腰痛や足のむくみに繋がり、体の疲労感や違和感を感じ易くなります。疲労感や違和感は睡眠不足と同じく集中力が落ち易い状態を引き起こします。また、ガムを噛む、デスクで軽くストレッチをする、水を飲む等の行動も、疲労感や違和感を解消して、脳が集中し易い状態に整えてくれます。 ーーー ◎ということで… 「集中力」について書きました。 前職では、いち会社員として会社のオフィスで働いていたこともあり、集中力が切れても、周りの人に監視されながらやっていました。今 思うと"楽"だったとも思いますが。 しかし それが今、コロナの影響もあり在宅勤務が増えた中で、自分自身で「集中力」を高めるしかありません。自由である一方で、責任も伴います。 私も、ほぼ在宅で仕事をしていますが、誰にも監視されていない為、"欲"や"甘え"が先行し、何度もサボりたくなった経験があります。今迄 以上に、「集中力」が求められるようになったのだと思います。 個人的に、「集中力」が切れた時に やっている事は、「敢えて 無駄そうなことする」です。例えば、大好きなサッカーをYouTubeで見たり、少しの時間の散歩などです。それは、「リラックスする時間」=「視点を変えられる時間」と捉えられるようになったからです。 今迄は、「プライベート」と「仕事」を極端に分けていて、一度 休憩すると「プライベート」から「仕事モード」に戻すことに、とても苦労していました。それが 今では、仕事とプライベートの垣根が薄くなり始めたことで、仕事とプライベートの行き来がスムーズにでき、敢えて このような事をできるようになりました。 ーーー ●ここまでを踏まえて… 本来の理想の姿は、「集中力」などを度外視している状態だと思います。言い換えると、「没頭」している状態です。 とは言え、この状態まで自分を持っていくには、深い「自己理解」と「行動力」が求められ、若い頃から「生き方」・「働き方」を明確に定めることは難しいことでもあると思います。 だからこそ… 忘れてはいけないことは、「先ずは目の前のことを"一生懸命"に取り組むからこそ、自分が没頭できる理想の「生き方」・「働き方」に出会えるのも事実」ということです。 結局は、「頭で考えながらも行動しないと、自分の理想の姿は見えない」という事だと思います。 これから大切にすべきことは、「素直さ」をベースに ちょっとした「勇気」と、日々の積み重ね=「基礎力」を身に付けることです。これが「集中力」に繋がると思います。 「基礎力」とは? 「整理能力」「分析力」「情報収集力」「文章力(表現力)」⇒「創造力」=「クリエイティブ力」です。 そして これを後押しするのが、真の意味(心/体)での「コミュニケーション力」だと常日頃 言われています。 結局 全ては、繋がっていて、「点」が「線」になり、「面」を感じれるようになった時に、自分らしい「生き方」や「働き方」が観えるのだと思います。

お問い合わせ

contact

担当/渡邉

ご質問やご依頼はお気軽にご連絡ください。

Copyright © concan all rights reserved.