• 株式会社コンカン

【若手社員の成長記!】「其の5:今を決めれば、勝手に未来を描き始める!」

今日は「私の未来がより具体的に見え始めた」という話を書きます。 とは言っても… 将来の「ビジョン」が、明確に決まった訳ではありません。

昔から将来やりたい事を考えるタイプでしたが、本当の意味で、一度も決めた事はありませんでした。 ーーー しかし こんな私が… 最近 不思議と未来を、勝手に描き出せるようになってきた気がします。 その理由を、一言でいうと… 「今やるべき事を"決めた"」からです。 では、何故 今まで決められなかったのか? それは… 「決めない事を"悪"と知りながら、決める事で、"全てが自責"となり、怖くて逃げて来たんだと思います。」 しかし… そもそも この考え自体が、おかしかったと思います。 むしろ、「決める」事で「自分という存在が産まれ始める」と気付きました。 そして 何かを「決める」と、勝手に未来へ進むと実感します。 例えば 些細な話ですが、年末年始に立てる目標も… 例年だと 会社に言われて、面倒臭く「形だけ」のモノでした。 勿論 これだと全く意味がない事も知ってはいましたが、やれていませんでした。 しかし 今年は、自然と考え始めていました。何かを「決める」と自分の考え方も、ここまで変わるものだと、"ハッと"しました。 人生スパンで見ると、将来の「ビジョン」が、まだ明確に決まった訳ではありません。 しかし 社員3人のスタートアップ企業で働くと決め、更に 実際に働く過程で、「32歳までに携わる業界を見定め、そこで成し遂げたい事を決める。そして、その為の会社を立ち上げる」と未来も少しづつ具体的になってきました。 今まで人生という長期スパンでは、、何も決められなかった私が、この半年で決めた事です。 よく言われるように、自分を変えるには… ◆1.「住む場所を変える!」 ◆2.「仕事を変える!」 ◆3.「会う人を変える!」 とありますが、まさにその通りだと思いますし、これは先ず「何かを"決める"事」だと思います。 ーーー 以前 代表の内田に言われて、印象に残っている言葉があります。 それは… 「抽象的な考えしかないと、全てが抽象的で終わってしまうから、"先ずは 仮でもいいから、何かを具体的に決めろ"!」という言葉です。 その為には、途中でダメだと気付いたら、その時に「方向転換」しても良いという潔よさも必要だと思います。 よく言われる「未来から逆算して、今やるべき事を考える。」は、勿論 大切ですが、そもそも未来を描けない人は多いのではないでしょうか。 そんな人は、未来のことは一旦 忘れて、今やるべき事を、仮に"先ず決め”それを精一杯やる事で見えてくるものもあると思います。 こんな事を言っている私も、先ずは今を精一杯に頑張ります! 「本気の"今"が導く未来。」だと思います。 背伸びをしてグラグラしながら未来を見るよりも、先ずは 地に足を着けて、背筋を伸ばし、未来を見る方がよっぽど成長すると気づいた話でした!! ーーー ◯最後に、こんな事を思っています。 世の中では、仕事は「PDCA」と言われていますが… 人生では、目の前の事を… 決める→計画→真の勉強→準備→実行(これが真の勉強)だと思います。その為には、道を変える勇気も必要だと感じています。

お問い合わせ

contact

担当/渡邉

ご質問やご依頼はお気軽にご連絡ください。

Copyright © concan all rights reserved.