• 株式会社コンカン

【若手社員の成長記!】「其の18:"Why"から始める人の心の動かし方!」

今日は、YouTubeを見ていたら、"衝撃"を受けた動画がありましたので、自分への"刷り込み"も含め、皆さんにご紹介します。

私が見た動画は… TEDトークで語られた、サイモン シネック氏の「優れたリーダーはどうやって行動を促すか」というタイトルの動画です。 (*TEDトーク=「広める価値のあるアイデア」をスローガンに、無料で配信されているオンライン講演) 語られていることは、一度は聞いたことある内容ですが、あまりにも"単純明快"に説明されていて本当に衝撃的でした! まず… 【サイモン シネック氏とは】 彼の職業を一言でいうと、 「ビジョンを前進させる手助けする人。」です。 自分自身では、「明るい未来を創出する、先見の明のある思想家」と表現されています。 世界で最も高く評価されているシンクタンクの1つであるRAND Corporationの非常勤職員であり、彼自身も世界的に有名な思想家です。 ーーー 【語られていること】 アップルの革新性や、米公民権運動を率いたキング牧師などを題材に、他者に行動を促すリーダーは何が違うのかについて語られています。 結論から話すと… ●多くの企業を分析した結果、成功している企業は、「伝え方」が全て同じということです。 それが… ◆「Why」(何故?) ◆「How」(どうして?) ◆「What」(何を?) の順に説明するということです。 つまり、『理念を掲げて社会を巻き込む力をもつリーダーは、思考を「WHAT」からではなく、「WHY」から始めるという共通点をもっている』ということです このことについて、アップルを例に説明されています。 ●何故 決して技術力が突出しているわけではない「Apple」は、人を魅力することができるのか? もし、「Apple」が普通の会社だと、以下のような打ち出し方をします。 ■「我々のコンピューターは素晴らしい。それは美しいデザインを持ち、簡単に使いやすい。是非 1ついかがですか?」 しかし、「Apple」は以下のような打ち出し方をしています。 ■「我々の行うこと全ては、世界を変えるという信念に基づいています。そして、違った考え方に価値があると信じています。私たちは美しくデザインされ簡単に使える製品を通して世界を変えたいと思っています。こうして美しいコンピューターが出来上がりました。」 このように「Why」から投げかけることで人は動かされていくのです!キング牧師のスピーチも同様で「I have a Dream」と自分の夢を語り続けています。 ーーー 更に、これは"生物学的"に見ても正しいとされているのが凄いです。 "What"は脳の外側を覆う「大脳新皮質」で処理しています。 「大脳新皮質」は合理的分析的な思考と言語を司る脳ですが、ここでどれだけ良いと思っても行動には移らないのです。 これが、「内容は良いけど、もうちょっと検討してみよう」となる理由です。 一方で… "Why"と"How"は「大脳辺縁系」で司っています。 「大脳辺縁系」は、感情、信頼、忠誠心を司る脳で、言語や数字を理解することができませんが全ての感情的な意思決定を行い、ここで行動を起こすのか決めているのです。 つまりは… ●"Why"と"How"で「大脳辺縁系」に感情的にアプローチしない限り、人は動かないということなのです。 ーーー ◎と言うことで… 今回は、私が為になった動画の紹介をさせて頂きましたが、実は この動画は以前にも一度見たことはありました。 しかし、その時には何も感じるものはありませんでしたが、今でこそ この動画の内容の"奥深さ"を理解することができ、かなり刺さるものがありました。 と言うのも… この動画で語られたことは「伝え方」の話ではなく、もっと言うと会社・人の「在り方」の話だと感じ、私が行なっている事業と通じるものを感じたからです。 私たちは これを企業に置き換え、この"Why"の部分を「C.I.(Corporate Identity)」と表現していますが、これからの時代は、この「アイデンティティ」が"武器"になる時が必ず来ると「強く」感じました。 私自身に置き換えた場合も同様で、まずは、私 個人のC.I.=H.I.(Human Identity)を確立させることだと思います。 これは、「自己分析」を徹底的におこない、自分を見つめ直すことだと感じています。 最後に、この動画のURLを貼っておきますので、気になった方は是非 チェックして見でください! https://www.youtube.com/watch?v=qp0HIF3SfI4&t=307s

お問い合わせ

contact

担当/渡邉

ご質問やご依頼はお気軽にご連絡ください。

Copyright © concan all rights reserved.