• 株式会社コンカン

【代表の人物像&体験談!】「直感力・洞察力・対極感の重要性!」

物事を詠む「直感力」の重要性と、その「磨き方」について。 ~副題:論理を超えた、答えに到達する力量!~

この話は、たいへん重要ですが… かなり高度な難しい話になります。

ーーー では、本題に。 【今、なぜ「直感力」が求められるのか?】 ◆要素1 「変化が激しい世の中になった!」 *インターネットの凄まじい発達によって、「ドッグイヤー」(過去7年の変化が1年で起こる)・「マウスイヤー」(過去18年の変化が1年で起こる)が起こっている。 *「市場も社会も、どんどん変わる=ゆっくり考える時間がない。」 だから、直感的に物を、判断しなければ成らなくなった。 ◆要素2 「世の中が、複雑系の性質を強めている!」 *「コンプレックス・システムズ」(世の中の相互連関性が強まり、複雑な複合的な連鎖反応によって不思議な現象が起きている。) *例 「バタフライ効果」(北京で、蝶々が羽ばたくと、ニューヨークでハリケーンが起こる。) *世の中のほんのちょつとした、小さな揺らぎ・変化が、世の中の大変動をもたらす。 *世の中の無数にある小さな揺らぎの中で、意味のある揺らぎと、無視すべき揺らぎを見極める力が、直感力である。 ◆要素3 「世の中が、どんどん進化している!」(エボリューション) *社会やマーケットが、どんどん変わることで、法則やルールが変わって行くスピードが早くなっている。 *法則やルールがどんどん変わることで、今までのようにじっくり考える時間は、無くなり直感的に判断しなければならなくなった。 *「ネクスト・コモンセンス」(次なる常識 常識さえもどんどん変わってくる。) *マーケットなどでも、過去のルールや法則を前提に考えても意味がない。次なるルールは何か? 次なる常識は、何かを問われる時代になって来た。 これを、見極めるのも直感力である。 ーーー ◆次に… 「プロフェッショナルとして、ロジカルシンキング(論理思考)は、必要である。」 この意味合いについて書きます。 勿論 コミニュケーションに於いて、ロジカルにものを考え、ロジカルに語らなければ成立しませんが… しかし… 真のプロフェッショナル 高度な力量の部分では、「分析思考」や「論理思考」だけでは、「答えが、出ない問題が増えている現代」では、対応出来なくなってきています。 それでは… 「直感力・洞察力・対極感の磨き方」について書きます。 ーーー ◆では… 【直感力は、どうしたら身に付くのか?】 一般的な人々の「直感力」や「洞察力」の認識は、極めて高度な感覚的な能力だと考えられてています。 しかし この「直感力」「洞察力」「対極感」の感覚的な極みにある力量を磨く為には、むしろ 感覚の修練に向かうよりも、その対極にある「論理思考」。 詠んで、詠んで、詠み抜く、詰めて、詰めて、詰め抜く(将棋の例え)ことに徹することで、この世界に近づくための「近道」であると言われています。 この徹すると言う「時代」を経て、ある日 突き抜ける「時」がきます。 そして ある日、気が付けば、「直感力」が身に付いているのです。 これが、「プロフェッショナル世界の真実」であると言えます。 論理思考に徹することで、その先の世界が見えて来ると言うことです。 つまり、考え抜くと言う修練は、その後にある「直感力」や「洞察力」の入り口です。 ーーー ◎最後に… 「我々は、論理にて考え得るものを、考え尽くした時、論理にて、考え得ぬものを知ることがある。」 かなり難しい話でしたが… 簡単に言うと… 「やり続けた先にある、観える世界」が「直感力」だと言うことです。所謂 頭ではなく、体で覚えてこそ、見えてくる世界があるという事です。

お問い合わせ

contact

担当/渡邉

ご質問やご依頼はお気軽にご連絡ください。

Copyright © concan all rights reserved.