• 株式会社コンカン

【代表の人物像&体験談!】「人生は、そう簡単に変わらない!」

これは 実体験なのですが、まだ 私の人生も良い方(納得)に変わっていません。 【"人生を変える方法"と"言葉の使い方"】 一般的に、人生を変える為には「3つ必要」だと言われています。しかし やってみましたが、これは真に変わるものではありませんでした。変える為の準備だと捉えています。

ーーー まず、一般的な「3つ」の方法から… 【人生を変える3要素】 ◆要素1.「住む所を変える!」 *飯塚→福岡→オランダ→大阪→福岡→東京→福岡→大川→福岡に住んだけど… ◆要素2.「仕事を変える!」 *ジャンルは同じで、結構 変えたけど… ◆要素3.「会う人を変える!」 *変えようとしても、中々 変わらない… 確かに 私は、上記の「3つ」を変えたことで、人生少しは、変わりましたが… 所謂「環境」を変えたのですが、この「環境」も3年経つと当たり前になり、また慣れてしまいます。 結局は、自分自身を変えることでしか「真に、人生は変わらない!」と気づいたのです。 ーーー では… その変える為の「真髄」について書きます。 結論から言うと… 「言葉を大切にする!」ことです。 【人生を変える真髄(日々の積み重ね)】 ◆1.「自分を知る!」 ◆2.「生き方を定める!」 ◆3.「座右の銘を守る!」 ◆4.「目指すべき成功者の言葉に近づく!」 これは、人生の目標に向かって、少しづつ進んでいく。積み重ねていくと言うことを、表しています。 進む為には、完璧を目指してはいけません。 人生は「三歩進んで二歩下がる」です。 この考え方は、若い時は、気づきませんでしたが、深い例えだと思います。 ーーー このように、人生は「言葉」にかなり影響されます。 (*人生は、「言葉」で変わるのです) なぜなら、人は 物事が起こって、行動する時は、「言葉」で考えるからです。 何かを改善する時は、必ず脳の中で、「言葉」で考えています。 脳の「大脳新皮質」の部分で考えています。 この「大脳新皮質」は、合理的で分析的な思考や、言語機能をつかさどるところです。 所謂、人間だけが大脳新皮質が肥大化しています。 なぜなら、人間しか言葉を使えないからです。 よく、"ベラベラ"喋るボケ老人はいないと言われるのも、これに当たります。 *脳は1%しか使っていないと言われています。だから実は脳は、疲れないのです。 「言葉」を発する時に「反応的」→「選択的」に変えることで、結果が変わります。 「反応的な言葉」は、瞬間的に発してしまいます。 一方、「選択的に言葉」を発する時は、「言葉」を選んでいます=考えています。(*目的があるからです) 「選択的な言葉」の積み重ねが、コミュニケーション力を向上させてくれます。 ーーー ◎と言うことで… 「目標」に向かって、「選択的な言葉」を発し続けることで、「人生は変わる」のです。だから「人生の目標」を持って、言葉を大切にすることで、「成長」し「成功」に近づくことで「人生が変わる!」のです! *逆に、「目標」がないと、「成功」もありません。

お問い合わせ

contact

担当/渡邉

ご質問やご依頼はお気軽にご連絡ください。

Copyright © concan all rights reserved.