top of page
  • 株式会社コンカン

【代表の人物像&体験談!】「プラットフォームビジネスとは?」~「プラットフォームビジネス」は、時代を"象徴"するビジネススキームだ!~

近年、優秀なビジネス戦略として定着しつつある「プラットフォームビジネス」。



その一方で「なぜ、プラットフォームビジネスが、ビジネスモデルとして優れているのか、今一つ よく分からない」と考えている人も多いと思います。実は、「プラットフォームビジネス」自体は、決して新しいものではありませんが、近年 インターネットやWEBサイトを利用することで、より"メリット"が膨んでいます。今回は、特に「プラットフォーム」がビジネス戦略として優れている理由について紹介します。



では、本題に入る前に

「プラットフォーム」の語源から紹介します。

■1【プラットフォームの本来の語源!】

「プラットフォーム」の語源は、英語で周辺よりも高くなった水平で平らな場所という意味です。

中世フランス語から英語に取り入れられた単語だと言われています。元々は、電車の駅にあるような「プラットホーム」などのような場所を指して用いられており、そこから転じて『モノ事の"基礎・基盤"』という意味合いでも使われるようになっています。


■2【プラットフォームビジネスの基礎知識!】

プラットフォームビジネスとは、「複数のグループのニーズを仲介することにより、グループ間の相互作用を喚起して、その市場経済圏を作る"産業基盤型のビジネスモデル"」と言われています。


●もう少し分かり易くいうと…

モノを売りたい人やサービスを提供したい人が、購買者やサービスの利用者と、スムーズに"マッチング"できるような「場」を提供する「ビジネスモデル」のことです。


プラットフォームビジネスは、実は 古くから行われていました。その一例が"百貨店"です。百貨店は、モノを売りたい人をテナントにし、様々な店舗を一箇所に集めます。

モノを買いたい人は、"百貨店"に行けば、様々なモノを一度に見比べ、自分が欲しいものを購入できます。また、"百貨店"は テナントを管理し、顧客に提供する品物の品質を高く維持することにより、「信用」や「ブランド力」を創り上げることが可能です。そうやって「ビジネス」を発展させる"性質"が備わっています。


かつて、「プラットフォームビジネス」を展開するには、"百貨店"のような実際の「場」が必要だったため、参加は決して容易なことではありませんでした。しかし、現在は"ネット"をはじめとする『IT分野』の進化により、「場」の作成がより手軽になってきています。


「プラットフォームビジネス」の代表格といえば、『楽天』や『Amazon』です。商品を売りたい人に『楽天市場』や『Amazon』といった「場」を提供し、商品を買いたい人は、そこにアクセスするだけで、多彩な商品を選ぶことができる仕組みです。利用客が増える見込みがあれば、企業は積極的に「場」を創ります。

ここで収益を上げた分は"ポイント"などで消費者に還元したり、新しいサービスを開発できたり、双方 プラスに働くことが考えられます。


このように、現在の「プラットフォームビジネス」は、『売り手』、『買い手』の両者に於いて「win-winの関係」を築き易いのです。上手くいけば、企業、店舗、いずれも 以前とは比べ物にならない程のスピードで成長できる期待が持てます。


■3【プラットフォームビジネスのメリット!】

プラットフォームビジネスの"メリット"は、顧客の様々なニーズに柔軟に対応できることです。前項で、「プラットフォーム」の実例として、"百貨店"や"楽天"、"Amazon"などの商品やサービスを売買するビジネスを紹介しましたが、現在の「プラットフォームビジネス」は、実に多くの種類が存在します。


例えば、TwitterやFacebookといったSNSやGoogleなども「プラットフォームビジネス」の一種です。

人々が 普段 何気なく使っているサービスの中には、紐解けば 上記した例と共通する型や形態、要素がいくつも見つかると思います。その中心にあるのは、やはり 顧客のニーズです。


その変遷を辿ると興味深く、『Amazon』の場合、1995年に「オンライン書店」でスタートしたサービスが、利用者の増加によって取り扱う商品は勿論、「ジャンル」「カテゴリー」も多岐に渡るようになり、今や映画やドラマといったメディアの配信に至るまで、飛躍しています。


こうした顧客のニーズに合わせた柔軟な対応は、多くの「ビジネスモデル」で重要とされていますが、自社で 全てを迅速に行うのは、大変 難しいものです。

しかし、顧客だけでなく サービスの提供者も集まる「プラットフォームビジネス」ならば、比較的実現可能であることが分かります。「プラットフォーム」が快適になるように、いわば「利用者全員」が協力していくシステムの上で、成り立つビジネスです。非常に効率的なビジネスモデルです。


■4【プラットフォームビジネスが戦略的に優れている理由!】

プラットフォームビジネスは、顧客のニーズに合わせた拡張や変化が容易だと前項で紹介しましたが、その他にも優位な側面として、顧客数や客単価のアップが見込めることや、マーケティング向きの性質を挙げられます。

戦略を立てるには、"うってつけ"の要素ばかりです。


ネット上に「プラットフォーム」を置くだけで、距離という概念が消え去ります。日本だけでなく、海外の顧客をターゲットに商売できるのです。

また、プラットフォーム自体の知名度が上がれば、相乗効果的に顧客は増えていきます。一度、軌道に乗れば、プラットフォームは 適切な管理さえ怠らなければ、見る見るうちに成長していきます。「プラットフォームビジネス」が"生き物"に例えられることが多いのは、そのような理由からです。


良いサービスだと 認知されれば、客単価もアップが可能です。『Amazon』を例に紹介すると、「無料の一般会員」と「有料のプライム会員」を比較したとき、後者は 年会費こそ掛かりますが、映画などの対象メディア作品が見放題となり、注文すれば 早く届くといったメリットがあります。これが、求められているサービスです。ゆえに"客単価"のアップが容易に可能となります。つまり、この場合 有料にしても付加価値を感じて貰えるため、上手くいくのです。まさしく顧客のニーズを図り、柔軟に対応し易い「プラットフォームビジネス」の"強み"が機能しています。

顧客への宣伝も、現実世界に店舗やオフィスを構え、自社で全てのサービスを賄うより、遥かに"楽"です。何故なら、顧客間でプラットフォームを通じサービスを広めてくれるからです。


更に、顧客の管理も便利です。

利用履歴からはニーズ、レビューからは評判を知ることが出来ます。これらを材料に改善策を打ち立て、適切なマーケティングを行えば、サービスの向上に繋がり、「プラットフォーム」は、より発展していきます。

既存のリピーターだけでなく、新規顧客の獲得も「プラットフォームビジネス」の性質上、計算し易いのです。好意的な評価が多ければ、サービスによるとはいえ、少なからず顧客の数は増えるのです。


話題を集め易く、拡散して貰い易い「プラットフォームビジネス」は、戦略的に優れていると思います。


■5【ビジネスを成功させるコツ!】

プラットフォームビジネスは、ネット環境があれば、どんな企業でも参加できます。ただ、成功するかどうかは別です。

大切なのは、どのようなプラットフォームを創り上げていくかです。


例えば、成功企業を"お手本"にするのも 一つの手ですが、注意点もあります。

『楽天』や『Amazon』のようにモノやサービスを自由に売買できるサイトや仕組みは、もはや"飽和状態"です。差別化を図ることに注力しなければなりません。


推奨するのは、「課題解決型」のプラットフォームです。

フリマアプリの場合、オークションサイトの利用者が感じていた「商品価格が自分で決められない」「商品が買えるまでの時間が長い」といった不満点を解消し、「売り手が価格を決められる」「欲しいものが直ぐに手に入る」といった"メリット"を打ち出して、成功しました。これは、実に合理的です。


また、プラットフォームビジネスで重要なのは、顧客との「信頼関係」です。

利用者に提供する「場」の評判が悪ければ、信頼は得られません。一案として、サービスが拡張し易いよう自由度の高さを組み込んでもいいのかも知れませ。勿論、マナーの悪い方ばかりが集まってしまわないよう禁止事項は設ける必要があります。

ユーザーによって作られるコンテンツを「UX」の精度と最低限のマナーを担保し運用できれば、きっと良い方向へと進みます。


加えて、管理にも 重々 用心が必要です。

顧客の意見には、"常に"目を配り、耳を傾け、不満を放置しない態勢が大切です。そうすれば、自ずと「プラットフォーム」は発展し易くなります。


■6【プラットフォームビジネスは成熟した社会に向けた戦略である!】

プラットフォームビジネスは、前述したように、多様化した価値観や顧客のニーズに応えるのに最適なビジネス戦略です。既に、通販サイトやクラウドワークスなど、成功を収めた「プラットフォームビジネス」が多数ある一方で、まだまだ 新しいニーズが浮上する可能性はあります。


「プラットフォームビジネス」は、これからもより優良なビジネスモデルとして、より発展することが期待できます。また、新しく参入した会社が、優良な「プラットフォームビジネス」を立ち上げる可能性も十分に考えられます。

注意すべきは、プラットフォームビジネスは「顧客のニーズに当てはまれば全てOK」というものでもありません。管理者は、はじめに"ルール"をしっかり構築し、より多くの人が安心して利用できる「場」を創ることが大切です。

創り手だけでなく、利用者も参加して成長させていく、時代を"象徴"するビジネススキーム、それが「プラットフォームビジネス」です。価値観が多様化し、人々が求めるものが より幅広くなった現在のビジネス戦略として、極めて優れているのです。



◎と言うことで…

「プラットフォームビジネスとは?」と題して書いてきましたが、ここで、違う切り口で「プラットフォーム」について見てみます。


ITの世界で「プラットフォーム」というと特定のアプリケーションから見て、そのアプリケーションが動作するのに"必要な環境"のことを指します。

どのアプリから見るかで「プラットフォーム」の対象は変化し、必ずしも"1つ"のものを指すわけではありません。

ITの世界の場合、「プラットフォーム」の大元の"土台"は「OS」と言われる場合がほとんどです。ほぼ 全てのアプリは、どんな「プラットフォーム」で動作するのかを予め想定した上で、開発が行われているので、異なる「プラットフォーム」上で動作することはありません。その為、多くのアプリは、どんなプラットフォーム上で動作するのかを明記した上で提供しています。


■7【近年のトレンドはクロスプラットフォーム】

最近では異なる「プラットフォーム」で、それぞれに動作するアプリを提供する場合も珍しくありません。


異なる「プラットフォーム」に またがって提供されるこれらのアプリのことを、「クロスプラットフォーム」と言います。

ただ、間違えてはいけないのは、"1つ"のプログラムで複数の「プラットフォーム」に対応する必要はなく、あくまでも 個々の「プラットフォーム」に対応したものを それぞれの「プラットフォーム」向けに複数提供していれば、それは「クロスプラットフォーム」だと言えるのです。


上記の例で言えば、『Windows』でも『Mac』でも動作するアプリと言っても、実際には『Windows版』と『Mac版』というように表面上の内容は同じアプリを"2つ"提供していれば、それは「クロスプラットフォーム」と言えます。


簡潔にいうと…

●「クロスプラットフォーム」は、"1つ"のプログラムで複数の「プラットフォーム」に対応することではなく、個々の「プラットフォーム」に合わせたものを複数用意することです。


元々「クロスプラットフォーム」自体は、コンピュータの"黎明期"から行われていましたが、目に見えて クロスプラットフォーム化が謳われるようになったのは『スマホ』・『タブレット』の影響が大きいのです。


それまでは、少なくともパソコンが必要だった多くのアプリが『スマホ』・『タブレット』でも動作するようになり、現在では 多くのパソコン向けアプリが『スマホ』・『タブレット』でも動作するアプリを発売しています。


それでは、最後に「プラットフォーム」の戦略について、紹介します。

■8【プラットフォーム戦略とは?】

これらの「プラットフォーム」の考え方をベースに、近年 爆発的に広まっているのが「プラットフォーム戦略」です。

「プラットフォーム」として、多数のサービスや製品を用意し、"1つ"の登録で色々なサービスを受けることができる戦略のことです。


顧客と企業を繋ぐ"中継役"ということも出来る これらのサービスは実に色々な"形"で取り入れられていて、成功例も多くあります。


この「プラットフォーム戦略」は、非常に"メリット"が大きいことからプラットフォームサービスを提供できる「プラットフォーマー」になることを目指す企業も多くなっています。


近年では、更に 既に"1つ"の形として成功している「プラットフォーマー」がこれまでとは異なる業界をも取り込んで、更に 巨大な「プラットフォーム」を提供することも珍しくなくなっています。


個人と企業が、それぞれに繋がることが「プラットフォーム戦略」の"肝"で、「1人で、1億 稼ぐのではなく、10人で100億 稼ぐための"ビジネスモデル"」とも言われています。


簡潔にいうと…

●「プラットフォーム戦略」は、多数のサービスや製品を用意することで、一つの登録で色々なサービスを提供したり、顧客と企業を繋ぐ"中継役"としても立ち回れる戦略です。


「プラットフォーム」は動作環境という意味で利用されるIT用語で、同時に現在では、多数のサービスを展開する「場」としても使われています。場面に応じて、何を指すのかが変わる場合も多く 正しく理解しているとより作業をスムーズに行うことが出来るIT用語でもあります。

単語として利用する機会は多くはなくとも、既にITの世界に無くてはならないものになっています。

閲覧数:27回

Commenti


bottom of page