• 株式会社コンカン

【代表の人物像&体験談!】「ビジネスパーソンに必要なマーケティング目線で、『戦略』と『戦術』の違いを紐解く!」

今日は、concan代表が思う「ビジネス界で使われている『戦略』と『戦術』の違い」について考えてみます。 ~副題:「戦略」と「戦術」を使って『彼女を作る方法』!~


ビジネスの世界でよく使われる「戦略」という"言葉"は、広い意味で「戦術」の意味も包括して使われています。

しかし マーケティング領域では、「戦略」と「戦術」の違いを理解して正しく設計しなければ、効率的で効果がでる『仕事』は出来ません。そこで、今回は「戦略」と「戦術」の違いを紐解いていきます。




●まず、ビジネス界に於ける「戦略」とは…

組織が前に進むために示すものであり、「戦略」を立てるとは、組織にとって「良いこと、好ましいこと」をどうやって実現するかを考えることです。

要は、「戦略」とは、企業が「進むべき方向」「進んでいく為の方法」です。


「戦略」は、企業にとって 最重要な『課題』や『問題点』に対して立てられるもので、「日常業務」で立てられる単なる"目標"とは異なるものです。したがって、最重要な『課題』や『問題点』に対して立てられる「戦略」を練る為には、『調査』、『分析』が必要です。「戦略」を立てる時には、まず、現状を『調査』・『分析』して、『課題』や『問題点』を洗い出し、『課題』や『問題点』を解決する為にはどのようなことをすればよいかという「基本方針」を決めていきます。


更に 重要な点は、「基本方針」をどうやって実現するかといった行動にまで落とし込むことです。「戦略」を「基本方針」までで留めてしまうと、「戦略」が実行の伴わない"机上の空論"になる可能性が高くなります。


●次に、「戦術」とは…

「戦略」を達成する為の具体的な手段を指します。

「戦略」は方向性や実現への行動といった大まかな『フロー』を示し、「戦術」によって、実務として具体化していくといったイメージです。実際のビジネスの日常では、「戦術」は「戦略」の中で語られることが多く、敢えて「この『戦略』の『戦術』は・・・」といった言い方はしません。

しかし、組織のメンバーの共通認識の中に、「戦略」と「戦術」の概念は認識されている事が必要です。

認識が希薄な場合は、敢えて、「戦略」・「戦術」を明確化することも必要です。


そこで「戦略」「作戦」「戦術」「戦法」で説明します。

「戦略」と「戦術」の違いは、「作戦」と「戦法」を加えて"ピラミッド"を書くと分かり易いと思います。

〇「戦略」を頂点に、「作戦」→「戦術」→「戦法」の順の"4段の階層"の『ピラミッド』になります。

◆1.「戦略」:企業が「進むべき方向」「進んでいく為の方法」

◆2.「作戦」:戦略を実現する為のプロジェクト

◆3.「戦術」:戦略を実現する為のプロジェクトを達成する為の具体的な手段

◆4.「戦法」:現場での実務の方法、戦い方



●ここからは、「マーケティング戦略」について説明します。

企業運営に於いて販売などの業績を向上させて、利益を上げていく為には「マーケティング」が必要です。『業績』や『利益』という"側面"で考えると、企業にとって「マーケティング」を考えることは「戦略」を立てること そのものです。


一般的に『業績』や『利益』という"側面"での「戦略」は「マーケティング戦略」という表現が定着しています。

「マーケティング戦略」を練る際に重要なのが「セグメンテーション」(市場の細分化)です。

【マーケティング『戦略』・『戦術』の具体例】

インターネットやITが目覚ましい勢いで進展し、ユーザーに浸透している現代では、『WEBメディア』を活用した「マーケティング戦略」なしにして、企業の進展は難しい時代になりました。


企業の『業績』や『利益』という"側面"で「マーケティング戦略」とは、組織が『業績』や『利益』を上げる為に示すもので、組織にとって「良いこと、好ましいこと」をどうやって実現するかを考えることです。「マーケティング戦略」の具体例として、次の"2点"を挙げます。

◆1.「見込み客を増やす!」

◆2.「見込み客を販売実績に繋げる!」


「マーケティング戦略」では、見込み客(市場)にどのようにアプローチしていくかを具体的に決定する実行戦略を策定します。「見込み客を増やす!」「見込み客を販売実績に繋げる!」という『マーケティング戦略』を達成する為の具体的な手段として活用する「戦術」が『WEBメディア』ということになります。


●「見込み客を増やす!」ためには、WEBメディアの構造面の『最適化』、『コンテンツの充実』、『スマートフォン対策』などの「SEO施策」や、「リスティング広告」、「リターゲティング広告」、「SNS広告」などの"運用型広告"などを採用していく必要があります。

●「見込み客を販売実績に繋げる!」には、的確で継続的なアプローチと「見込み客」との継続的なコミュニケーションが必要です。


WEBメディアを「戦術」とする利点は、メール配信などを使って継続的なアクションを起こすことが可能な点です。

WEBメディア戦術を効率的に運用する為に、専門会社の提案を採用するのも一つのアイデアです。


◎と言うことで…

「マーケティング目線で、『戦略』と『戦術』の違いを紐解く!」と題して書いてきましたが、それを「まとめ」と…

◆「戦略」とは、組織が前に進む為にどうしたらよいかを示すものである。

「戦略」を立てるとは、組織にとって「良いこと、好ましいこと」をどうやって実現するかを考えること。

◆「戦術」とは、「戦略」を達成す為の具体的な手段。

◆「マーケティング戦略」とは、組織が『業績』や『利益』を上げる為にはどうしたらよいかを示すもので、組織にとって「良いこと、好ましいこと」をどうやって実現するかを考えること。

◆「マーケティング戦略」の具体例は「見込み客を増やす!」「見込み客を販売実績に繋げる!」の"2点"がある。

◆「マーケティング戦略」を達成する為の具体的な手段として活用する戦術が「WEBメディア」。

◆「WEBメディア戦術」を効率的に運用する為に専門会社の提案を採用するのも一つのアイデア。


●では、最後に「戦略」と「戦術」を使って『彼女を作る方法』を解説します。

まず、相手の女性の『趣味嗜好』、『周囲と自分の関係性』によって「実現の可能性が高そうなもの」を選びます。

例えば、ターゲットとしているのは「映画好きで、清楚な性格の女性」とします。で、あるならば「お金」でのアピールは、ちょっと違うかも知れませんん。もし その女性が「お金」でなびいてしまったら 寧ろ こっちが"ショック"を受けそうです。と言うことで、「お金攻撃」は使いません。どストレートに「食事」に誘う、というのも唐突すぎます。

この女性とは、まだ 特に親しい訳でもありません。それを いきなりやっても上手くいくものもいきません。と言うことで、これも使いません。


そうなると、色々ある選択肢の中で、例えば「等身大 相談相手のポジショニングを取る」と「接点を増やす」にするとします。これは どちらも良さそうなので、この"2つ"を合体させることも可能です。


で「相談相手のポジショニングを取る」を「戦略」として、「接点を増やす」方法を「戦術」として考えてみます。

◆その女性の趣味で自分も興味持てそうなものに手を出してみる(映画など)

◆いきなり食事はハードル高いので、知人も一緒にお茶をしに行くところから始める。

◆自分の悩みを隠さずに会話に織り込むことで、親近感を持って貰う。

◆接点を増やす為に、その女性がよく行くカフェに行き、共通話題を見つけておく。

◆接点を増やす為に、その女性と仲が良い友達と仲良くなる。

など、このように、取るべきアクションを明確にします。

後は、これらに「締め切り」を設けたり、「アクション」した後に、効果があったかどうかの検証をして、それを改善して、より近づきます。

そして、最後に マーケティング発想で告白するのです。


しかし 実際の「恋愛」では、こうした『ロジック』や『フレームワーク』を当てはめても"ダメ"なときは"ダメ"です。

「女心と秋の空」というように女性の気持ちは、"コロコロ"変わり易いので、何も考えず、上手くいくときは 上手くいきます。だから よく「恋愛」は「仕事」より難しいと言われています。

閲覧数:30回